FC2ブログ

夏合宿in北信越 part3

3日目は終日自由行動で各部員が楽しみながら各自の自宅に帰りました。
金沢にいったあとはくたかで帰る人や高山本線や太多線を乗り継いで帰る人などがいました。
筆者は他のメンバーと共に富山から高山本線・太多線・中央本線・東海道本線を経由して帰りました。
富山では時間があったので次のダイヤ改正でなくなるトワイライトエクスプレスを撮ることができました。
DSC_0242.jpg
スポンサーサイト



夏合宿in北信越 part1

お久しぶりです。
今回は8月25~27日に行った夏合宿について書きます。
今回の合宿では北信越方面に行きました。
参加人数は11人でした。
1日目は各部員が宿がある戸狩野沢温泉に着くまでの自由行動でした。
列車を撮りに行く人もいたり、次のダイヤ改正でなくなる可能性の高い列車に乗りに行く人などがいました。
筆者は18切符を使って中央本線・篠ノ井線をひたすら下り長野まで行きました。
途中松本で軽く観光をしたあと
DSC_0057.jpg

姨捨駅で日本三大車窓を見ました。DSC_0093.jpg
その後は信越本線を下り、二本木駅でスイッチバックを見たあと宿がある戸狩野沢温泉に向かいました。

夏合宿 in 群馬 番外編

どうも。3日ぶりの更新です!!
もうルーズとは言わせません!!ブログ担当,K・Sです。
次も早く更新されるといいですね!!

さあ、今回は近況トークを吹っ飛ばして、本編にいっちゃいます。

高崎のとある訳ありホテルに一泊し、朝4時半ぐらいに起床。7時までは自由行動でいいと言われていたので、私は高崎機関区の見学に行ってきました。といっても、周りをうろちょろしただけですけどね…。

途中で上信電鉄の電留線も見てきたので、まずは、そっちから紹介します。
DSC01047-1.jpg 
上信電鉄デキ3。
正直、もう少し近くで見たかったのですが、私有地には入れないため断念....。

DSC00950-1.jpg 
再び有蓋車。
さびてますね…。デキにけん引される場面を見てみたいです。
DSC00953-1.jpg
上信電鉄100形(元西武451系)
無残な姿になっていますが、かなり古いんでしょうね…。
内部はどうなってしまっているんでしょうか?


以上、上信電鉄でした。
ここからは、高崎機関区です。

DSC00973-1.jpg 
DE10-1705号機。
赤いのディーゼル機関車のばかりなので、逆にこの色は目立っているような気がしました。

DSC00982-1.jpg 
DD51。
公道からこんな風に撮影できるとは...素晴らしいです!!!

DSC00990-1.jpg 
ムーミンこと、EF55-1号機。
今は、静態保存されている準鉄道記念物です。
第2次世界大戦中に機銃掃射をうけた痕が残っている車両でもあり、末永く保存されるといいですね。

DSC00993-1.jpg 
EF64・EH200。
いずれはすべての車両がEH200に代わってしまうんでしょうね・・・。


以上番外編でした。
今回は内容が薄くてすいませんでした。


by,K・S  

夏合宿 in 群馬 vol.2

いつも、更新がルーズなブログ担当その2のK・Sです。合宿から一か月も経ってしまったことをお詫びいたします。

合宿の話に入る前に、近況トーク!!!
最近、我が鉄道研究会では砧祭に向けていろいろな作業をしています。模型や、展示etc・・・。私は初心者ながら模型担当としてモジュールづくりを行っております。今年は、去年よりも凝ったものにしようというわけで、合宿で行った横川を参考に、67‰(たしか...そうだったはず…)の急勾配を再現しようとしています。余裕があれば、また今度更新します…。

では、本題です。
S・Oさんが都合により帰宅し、都合により最初から参加できなかったsgky(仮名)くんが合流したのち、次の目的地は…下仁田。下仁田といえば、ネギ・こんにゃくが有名なところでもあります。
DSC00905.jpg 
Y・Fによると、上毛かるたは群馬県民ならだれでも知っている有名なかるたらしいです。
DSC00891-1.jpg
上信電鉄6000形

上信電鉄って、なんで上信なんだろう…。群馬県は“上野国”だから上はわかるけど信ってなんだ・・・?

信・・・。それは信濃の信。昔の計画では県境を超えて長野県の羽黒下駅(小海線)まで延長する予定だったらしいです。だから、社名は上野と信濃の一文字ずつとって上信になった。しかし、世界恐慌が起き…、結局、社名はそのまま残ってしまったために、こうなってしまったようです。

話を戻します…。この6000形、てっきり日野自動車が製造したんだと思ってました。だって、自動車のように車両の前面にメーカーのエンブレムが入ってるんです。しかし、これは広告の一環だったようです。製造は、新潟鐵工所(今の新潟トランシス)です。
DSC00900.jpg 
さすが地方鉄道ですね...。運賃が高いwww
往復2160円ですか…。さすがに、フリー切符でなければ厳しい路線ですね…。

高崎から下仁田までは、およそ1時間の行程でしたが、皆思い思いに、旅行を楽しむことが出来ました。
DSC00912.jpg 
終点。下仁田駅

今回はここまでです。次回は下仁田の街を歩きます。

by、K・S


夏合宿 in 群馬 vol.3

夏合宿 in 群馬 vol.1

お久しぶりです!ブログ担当のS.Oです。

K君の記事に書いてある通り、15日から夏合宿が開催されました。
今回の合宿は途中参加したり途中離脱したりなメンバーもいましたが、総勢8名の参加となりました。

1日目(9月15日)…横川で観光、そして…?


上野駅に集合した私たちは、まず高崎に向けて出発しました。

そして高崎到着後、今回の旅でお世話になるぐんまワンデー/ツーデーパスSPを購入

駅構内のお土産屋さん(私は焼きまんじゅうドロップが気になりました…おいしいんでしょうか?(笑))を見物したりした後、
信越線に乗り横川を目指しました。
sinetsusen
☆信越線

横川に着いたのはお昼過ぎ。ということで私たちは昼食をとることにしました。
横川といえば峠の釜めし …ですが、今回は峠の釜めしではなく(!?)、駅近くの食堂で昼食をいただきました。
(チャーハン、おいしかったです(*´∀`))


昼食をすませた後は、横川駅近くの碓氷峠鉄道文化むらの見学をすることになりました。
メンバーそれぞれ、さまざまな車両や、Nゲージの展示を見たり、運転席のにおいをかいだり(!??)と、楽しい時間を過ごしました。
DSCN1613_convert_20110916034453.jpg
☆展示されていたD51

鉄道文化むらでの見学が終わると、私たちは一旦高崎まで戻りました。

------

私は都合により高崎で離脱し帰宅してしまったので、私からの報告はここまでとなります。
合宿報告の続きはK君が担当します。お楽しみに!私も期待していますo(^-^)o


DSCN1647_convert_201109160051091.jpg
☆高崎駅での集合写真



それでは、また。

by S.O

次回⇒夏合宿 in 群馬 vol.2

プロフィール

日本大学鉄道研究会

Author:日本大学鉄道研究会
日本大学商学部の鉄道研究会です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
QRコード
QR