FC2ブログ

玉電砧線めぐり

みなさまはじめまして。初投稿のF本です。
先日OBの方と一緒に廃線となった砧線めぐりをしてまいりました。
砧線とは玉電の支線であり、二子玉川を起点として砧本村まで続いていました。
▼下の地図が砧線の廃線跡です。

無題

二子玉川から一旦バスに乗り砧本村までいきます。砧線が廃止されこの路線はバスが代行することになりました。そのためほとんど廃線を通りながら進みます。
道が混雑していたため15分かかって到着
▼砧本村駅跡(現在バス停)
P1040066.jpg

待合室の作りがやけにレトロだったのでおそらく廃線前からあったのではないでしょうか。

▼砧本村駅裏手
P1040064.jpg

バス停の裏は公園となっており、駅のような形をしていたので公園が駅の部分で間違いないでしょう。それにコンクリートの柵まであります。

我々は野川を目指し探索を開始。
住宅街を進んでいくのですが、建築年代によって玄関の向きの違いを発見しました。
新しい建築だと廃線跡の方向に玄関があるのですが、古い家だと玄関ではなく塀が建っていました。線路側に玄関を作ることを避けていたためでしょう。つまりここが廃線跡だったという証拠なわけです。

住宅街を抜けると吉沢橋があります。
この橋にはちょっとしたモニュメントがあります。
▼吉沢橋
無l題

砧線の歴史について書いてあります。
どうやらこの砧線は1924年に開通し、関東大震災復興のための砂利の輸送として使われていたみたいです。しかし、車社会の到来によって廃止せざる終えなくなったため、1969年その役目をバスに譲りました。

ここから先二子玉川までは遊歩道が続き、廃線を発見する面白さはあまりありませんでした。ちなみに遊歩道はタイルで線路のような模様を再現しています。住宅街にあり2.2キロという短距離なのでお散歩コースにももってこいですね。

以上ミニ活動報告です。
スポンサーサイト



プロフィール

日本大学鉄道研究会

Author:日本大学鉄道研究会
日本大学商学部の鉄道研究会です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
QRコード
QR